主宰者メッセージとプロフィール

父活 ロゴマーク
父活 ロゴマーク

父活 Project 


自己紹介:はじめまして一休です。
2010年春、ある晴れた日に子どもが誕生しました。
時を同じくして、社会人大学院生であるワタシも誕生しました。


その少し前より、父親になる活動、
つまり自身の父活は始まったと思います。

 



子どもを育てるのではなく、子どもから気づきそして学び、
自身の社会活動や地域文化、自然環境に活かすことを目指し研究しています。

子どもたちの未来と、私たち大人の現在が、
つながっていることを実感しながら今を暮らしています。

そして今は、

新たなライフステージで、お仕事や仲間たちと
地域につながる、地域とつながる、地域でつながりたい と
思っています。




職業: 空環デザイナー
空間といえども情報提供空間、
つまりミュージアム企画デザインが原点です。
その発展系として、人が集い・関わり・学び・創造する場づくりの
企画、デザイン、現場進行などなどもします。

〜2013年4月まで株式会社Eco-Navi研究所

 

 

自己紹介:はじめまして西森です。

 

 「共に創るプロセスで、親が育ち、まちが育つ。

子育てのものづくりが、父親の姿をみせる機会となる」

 

「父親」として、子ども達の未来に向けて、今の自分が伝えたい、のこしたいことをカタチにする、暮らしているまちの「自然」「歴史」「人」とつながる、共創の場を大切にしていきたいと考えています。

 

現在、子育てに関する「ものことば」が、父親の姿をみせる機会となると考え、取り組んでいます。2013年より「衣食住遊学」から年間の重点テーマを1つ選び、そのテーマに関する職人さんとのものづくりワークショップのプログラムを企画運営しています。

 

子育てや地域の課題を共有し、子どもに向けて共に創るプロセスを通して、子育て家庭と地域とのつながりをデザイン・発信していこうと考えています。

 

職業: 共創デザイン、ステージクリエイター
コミュニケーションという表象、演劇やコンテンポラリーダンスという

パーフォミングアーツが原点です。

現在、グループ学習やアクティブ・プレイフルラーニングの

企画、デザイン、進行、ファンドレイジングなどを行っています。

「地域でのものづくりがライフステージや表象メディアに?」なんて

考えています。

 

 

父活プロジェクト メンバー 紹介

西森
西森

西森です。2012年10月より活動に参加しています。

 

伏見区在住です。2013年度より、父活Projectの主宰者として活動をしています。

「ものことば」事業・Daddy Board とコミュニケーションと出会いをテーマにさまざまなケシカケをします。楽しんで下さい!

◆木育インストラクター

 

 

友だち追加数

yoshinaga img
吉永

吉永です。どうぞ宜しくお願いします。

 

父活プロジェクトの創設をしました、吉永一休です。今は、モヒカンではないです…。ついふざけて奥さんにマイバリカンで、お願いしました。

wakayama img
若山

国定です。どうぞ宜しくお願いします。

 

現在は京都市上京区在住。一児のパパで、家族3人と住人5名くらいでシェアハウス「お結び庵」で生活。シェアハウス×子育て。/学生結婚&出産/周りの素敵な方々のライフプランナーとしてお役に立つことが僕のワークです。素敵な出会いや縁に感謝!!

Contact Us


主宰:西森 寛 ディレクター:吉永 一休 

メール連絡:info.chichikatu※gmail.com
(※を@にかえて送信ください)

一休の考えるLife Keyword
創造 想像 送像 環境教育 ecoとego ノンパーソナルインタープリテーション コミュニケーション エデュケーション デザイン 学びのデザイン 空環 居方 居場所 居心地 父親 共同 恊働 協同 古都 技術 知識 公私共 曖昧 Apple Mac 関係性 つながり 系

What's New

2011.01サイト始動

最新情報 父活Project
Facebookページへ
いいね!もクリック

 1億人のネット宣もっとグッドネット

父活 プロジェクトは、

「Let’s “KYO” Together!」に賛同しています。